映画「愛と誠」を見ました☆

水曜はレディースデーで映画が1000円で見れるということで、アイドル友達のまりりんと映画館へo(^-^)o
今回は「愛と誠」を見ました。




以前から、名前は聞いたことはあったのですが、内容はよく知らず・・・。
でも、三池監督作品には興味があったのです

さてさて、感想行きます
まだ未見だったり、知りたくないよ~って人は、この先ご注意を。
詳しく内容には触れてないですが、前情報ない方がいい方は読まない方がいいかもです。





「愛と誠」感想

いきなりアニメの回想シーンから始まるので、面食らいました。
最初ってどう始まるかなって、一番どきどきするじゃないですか
それがいきなりアニメですもの。
あれ、間違えた??って思ってしまいました(; ̄O ̄)

そして実写になって、ようやくお話が始まったかと思うと、いきなり登場人物が歌いだす!!
まさかミュージカル映画?!と、またもびっくり。
CMなども見ずに、前情報いっさいなしだったので、これってそんな話だっけと戸惑いを隠せませんでした(^_^;)
そして唄も明らかに別撮りしてるって感じのクリアな音質で、若干の違和感が・・・。
まぁこの先、口と唄が合ってないキャストが出てくるので、ここでの違和感はまだましですけど
そんなこんなで、全編を通して、いきなり登場人物たちが歌い踊り出します♪( ´▽`)
まるでインド映画とたとえた人もいるとか。
唄と踊りに関しては、ヒロインの両親役の一青窈さんと、市村正親さんがダントツにうまかったです
さすが本業歌手と、ミュージカル俳優さん☆☆

そんなこんなでお話は進みますが、内容は見ていただくとしまして。
私が気に入ったのは、画面の色彩の鮮やかさです
70年代の泥臭い感じとか、歌舞伎町のネオン街、ほかにも時代の空気の色がよく表現されているように感じました(^ ^)
まぁ、70年代にはまだ生まれてないので、あくまで想像上での70年代ですけどね(笑)
だから、もし本当にあの空気感を感じたいなら、やっぱり暗闇の中で、ほかの刺激がないところで見る方がいいのかなぁって思います

色や美術に関しては、「嫌われ松子の一生」や「パコと魔法の絵本」で有名な中島哲也監督の作品に近いかも。
ミュージカルになるとこも、松子に似ているし。
そういった訳で、監督は違いますが「嫌われ松子」好きな人にはおすすめですo(*・∀・)

ほかに気に入ったのは、ゴールデン街のシーン。
実際のゴールデン街の入り口での撮影と、おそらくCGかセットなのかなってとこが合わさっていて、なんだかニヤニヤしてしまいました
自分が行ったことある場所が映画に出てくると、やっぱりうれしいですしね~。


さて、いいところのお話をしたので、少し残念だったところにも触れてみます。

まずは、ヒロイン武井咲さんの姫カットが違和感
黒髪ロングの姫カット好きとしては、あれはいただけない。
問題は、たぶん姫カットの分量と長さだと思うんですが、本当にバランス悪かった。゜(ノдヽ)゜。
まるでヅラなのかと思うほどの違和感。
演技は下手ですが、せっかくきれいなのに、あれはもったいない・・・。
ヒロインが純真ゆえのうざいキャラだったのですが、あれはそういう演出なのでしょう。

そしてもう一人出てくる女の子の滑舌が・・・。
せっかく今っぽくなくて、さびしい感じが出ていてよかったのですが、どうもしゃべりがいまいち
ビジュアルは70年代っぽい感じになっていたし、好みだったのだけどなぁ。
まだ新人さんみたいなので、しょうがないのかもしれません。
ただ私はビジュアルは好みだったので、監督グッジョブと本当に言いたい☆


こんな感じで、つらつらと内容にあまり触れないように感想を書いてみました☆
全体としては、なんだか月蝕歌劇団とか、つかこうへいっぽい匂いがする映画です。
中央線な感じというか。
だから、今っぽいものが好きな人よりは、70年代とか泥臭いものが好きな人におすすめです( ´ ▽ ` )ノ
殴り合いのシーンもけっこうあるし、SEもけっこう痛そうな音がなるので、暴力シーン苦手な方にはおすすめできないです。
純愛の映画ってよりも、時代感を感じるための映画っていう気がしました。


ああ、やっぱり久々の映画館はいい!!
お得に見れる機会もお多いので、できるだけ積極的に映画を見ていこうと思います
私は洋画よりは邦画のほうが好きなのですが、あまり大型上映の作品は見ないのです。
でも、大型にもいい作品はあるのだし、選り好みしないで、少し見てみようと思います(≧▽≦)ゝ


以上、映画レポ!

みんなの心のはんなり天使
は~ちゃんこと、藤堂はなでした。

クリックよろしくお願いしますにほんブログ村 芸能ブログ アキバ系アイドルへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 背が低い女性の暮らしへ

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

藤堂はな

  • Author:藤堂はな
  • 「生きる」ってなんだろう。
    「命」ってなんだろう。
    世の中にはこんなにも「美しいもの」があふれている。
    でもその陰には「悲しみ」がたたずんでいる。

    この世界の中で、私にできることは何?
    ひなぎくの花のようにひたむきに。
    いつまでも無垢な乙女として。
    私にできることはなんだろう。

    どうぞ、私から清らな泉が流れ出ますように。
    命あふれる素敵な泉になれますように。

    素敵な音楽に本、お洋服、着物。花や美しいものたち。
    神様に愛されながら歩む、私の人生の記録です。


    <所属>
    ・「ドードーとひなぎく」主催
    ・看護師、保健師
    ・ライブアイドル(都内近郊中心)
    ・FICE着ぐるみダンサーズ
    ・羅生悶(死体・おはな)
    ・ライブイベント「コーカス・レースひなぎく杯」主催
    ・「日本黒髪協会」会員(事務局)
    ・「少女遊会 お嬢様学校少女部」ついんて組卒 天野花
    ・クリスチャン(プロテスタント)

    人生にたくさんの花と光を!

    みんなの心のはんなり天使、藤堂はな

twitter

ブログ村(投票してね☆)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


blog更新通知



提供:PINGOO!

RSSリンク

QLQL(ドラッグ&スクロールして回せるよ)

花の本棚