何者になる

「きっと何者にもなれない、お前たちに告げる」

これは、某アニメの台詞です
ですが、最近、これがずいぶんと自分の中でぐるぐるしているので、少しまとめて書いてみることにします。


まず、私は「何者」になっているのか?。
答えはNo。
私はまだ何者にもなっていない。

この場合の「何者」は、世間や他者から認められる者であるか否かということ。
しかし、「何者」には、ほかの見方も存在する。
それが、自分の思う「何者」=なりたい自分になっているかということ。
これも、私はNo。

自分の目指す「何者」か、他者の認める「何者」かになっている人を見ると、すごくうらやましく思う。
決して自分を否定したい訳ではないが、自分の可能性や、何をしたいのかなど、いろいろと悩んでしまう。


私は、ほかの人と比べると、多種多様な経験をしてきた方だと思う。
いろいろな人と知り合ってきたからこそ、各分野でプロになれない自分の才能の限界を知っている。
しかし、もう一般人には戻れないほど、自己表現の世界に浸り、この世界の心地よさも知っている。
私はどうしたらよいのだろうか。


<自分がしてきたこと・できること>
・看護師
看護師という仕事で、病院・クリニック・介護の現場と、いろいろな職場を見てきた。社会人4年目。

・ダンス
モダンバレエやジャズダンス。合計年数は10年以上。そのおかげで、コッペちゃんのお教室の生徒として、青い部屋に出演させていただいたり、アイドル活動にも役立っている。

・アイドル
今年から、地下アイドルユニットに入り、ライブに出演。半年で20公演近く出演している。歌は現在、伸びていると信じたい。

・ホームページ作り
ユニットのホームページを自作。タグ打ちから、素材作りから、一人で作業している。

・動画編集
ユニットのライブ映像の管理をしているため、できるようになる。まだ初心者に毛が生えた程度。フリーソフトの限界もあるが。。。

・各種制作
造花と羽根を使用したコサージュが主な作品。その他、スワロフスキーを使用したティアラなど、結婚式関係での作品作り。

・写真撮影
一眼レフ歴1年半。主に人物を撮影。斜め後ろからの構図の写真が非常に多く、写真評論家の飯沢耕太郎さんより、その構図に特化することをすすめられる。

・撮影モデル
昨年より、被写体活動を始める。コスプレ衣装から、着物、ロリータ服など、いろいろな衣装をこなす。背が低いため、需要がいかほどかは不明。

・着物
着物を普段に着始めて5年程。礼装ではなく、ライブや飲み会、旅行にも着物を着用する。また、着物を多数所有するため、他人への貸し出しや、着付け・着付け指導を行う。

・言葉遣い
親のしつけが厳しかったこと、ホテルで接客していた経験、昔の美しい日本語への憧れが相まって、言葉遣いが概ね丁寧である。この点は、どの職場でも、必ず評価されている。

・知識
誰にも負けないほどの深い知識はないが、いろいろな分野を広く浅く知っている。親が学者のため、日常で身についたらしい。

以上、思い付く限りの自分のスペック。


これでも、誰かからみれば、素晴らしいのかもしれない。
しかし、自分では認められない。
どうなりたいかがはっきりしてないが、今の状態には満足できない。

浅く広く、いろいろなことをしているが、何かに特化している訳ではない。
私は「何者」になったらよいのだろうか?
「何者」であるべきなのだろうか?



クリックよろしくお願いしますにほんブログ村 芸能ブログ アキバ系アイドルへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 背が低い女性の暮らしへ

テーマ:思うこと感じること - ジャンル:ライフ

comment

ありがとうございます

コメントありがとうございます。
某アニメの展開、ファビュラスマックスな感じになってますね~。

たしかに。
自分が自分であることを、認めなくては、先に進めないですしね。
なかなかそれが難しいのですが。。。
でも、ちっぽけな自分を、認めることから始めてみようと思います。
コメント、本当にありがとうございました☆
  • 2011/10/21(金) 06:23 |
  • 花 |
  • URL
  • [編集]

無し

「可能性という言葉を無限ていに使ってはいけない。何かになれるかもしれない。しかし、ありもしないものに、目を奪われてはどうにもならない。自分の他の可能性という望みを託すことが諸悪の根元になる。ここにいる君以外何者にもなれない自分を認めなくてはならない。そうして、どっしり構えているんだ。」

↑も某アニメでいってた台詞です。

  • 2011/10/19(水) 09:39 |
  • 名無し |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

藤堂はな

  • Author:藤堂はな
  • 「生きる」ってなんだろう。
    「命」ってなんだろう。
    世の中にはこんなにも「美しいもの」があふれている。
    でもその陰には「悲しみ」がたたずんでいる。

    この世界の中で、私にできることは何?
    ひなぎくの花のようにひたむきに。
    いつまでも無垢な乙女として。
    私にできることはなんだろう。

    どうぞ、私から清らな泉が流れ出ますように。
    命あふれる素敵な泉になれますように。

    素敵な音楽に本、お洋服、着物。花や美しいものたち。
    神様に愛されながら歩む、私の人生の記録です。


    <所属>
    ・「ドードーとひなぎく」主催
    ・看護師、保健師
    ・ライブアイドル(都内近郊中心)
    ・FICE着ぐるみダンサーズ
    ・羅生悶(死体・おはな)
    ・ライブイベント「コーカス・レースひなぎく杯」主催
    ・「日本黒髪協会」会員(事務局)
    ・「少女遊会 お嬢様学校少女部」ついんて組卒 天野花
    ・クリスチャン(プロテスタント)

    人生にたくさんの花と光を!

    みんなの心のはんなり天使、藤堂はな

twitter

ブログ村(投票してね☆)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


blog更新通知



提供:PINGOO!

RSSリンク

QLQL(ドラッグ&スクロールして回せるよ)

花の本棚